スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



聞きたい言葉

2007/07/12 23:36
おいしいコーヒーの入れ方シリーズⅨ

中学の時から集めているおいコーシリーズ
とうとうセカンドシーズンらしいですねーJブックスでは
といってもみきは小説派なので2つおくれの9冊目の感想を書きたいと思います。
かなり軽くかきます。
いつもどおり独断と偏見にみちみちてます。
ちなみに恋愛小説です。
みきは恋愛小説あんまりというかほとんどもってないんですが、これはいいです
理想
かれんも勝利も理想の女の子に男の子って感じです
とくにかれんは女の子らしくていいなー
誰からも愛される女の子
理想的すぎるッ
しかも愛されてる
うらやましい…笑
料理はできないほうがかわいいなぁ
って思ってちょっとやる気なくすけどね
や、でもそう思う


さて感想↓(ねたばれ…注意)


今回もなんか、冒頭部分からかれんと勝利がお互いを思って譲り合いをしていて…いいですね

ただ…こういうのよんでると顔赤くなる自分が嫌ですけど…
二人がいい雰囲気ってだけなのに…
手さえつないでないのに…みき、顔真っ赤って…
ちょっと変な人みたい…
一人で部屋でベットの上でごろごろしながら顔真っ赤…
や、皆いるところで真っ赤よりいいけど…
ってことは一人で読んだほうがいいってことか…
むしろ一人じゃないと恥ずかしくて読めないけど…
話とんだ…!!

で、まずね、最初らへんでかれんが鴨川行きの件で両親を説得する場面があるじゃないですか

泣きました

あのかれんの強い気持ちに…!!!
彼氏である勝利と最低3年は離れ離れになる
一人で山奥に住むという不安もある
美術教師という立場を捨てて3年かけて受験資格を得て、それから受かるかどうかも分からない

けど、それでも介護福祉士になろうっていうつよい意思!!
かれん…!!
本当に理想の人です。

みきもそこまでなりたいって思える職業につきたいなぁ…

で、そのときに
両親にばれるわけです。
かれんが自分の出生について知っているということを。
今の両親は本当の両親ではないということをかれんが知っているという事実に両親はショックを隠しきれない。
かれんに真実をつげないというのは両親のかれんへのやさしさ
両親に真実を知っていることを告げないのはかれんの両親へのやさしさ
家族愛ですよ;;
ここの説得のシーンはもう…泣きました

このあと丈(かれんの義理の弟)にマスターがかれんの実兄であることがばれ、丈はかれんが本当の姉ではないことを知っていたことがかれんにばれ…
複雑ですよね…
勝利のほうもちょっと複雑だけど、かれんはすごく複雑…
だからこそあんなにすばらしい女性なのかなという気もしますが

まぁ、ここまで恋愛要素ないですが

当たり前のことながら勝利はかれんに遠くへ行ってほしくないわけです。
でも、男が引き止めるわけにはいかない…!!!
みたいな。
ここがね!
お互い相手のことを思いやりすぎてちょっとすれ違いが…

やーみきだったら引き止められたら
はい、やめます
っていいそうだけど笑
…あ、でもそうでもないのかな?
みきだって強引にこっちいたわけだし…
まぁ……ぼーいふれんどに引き止められたとかじゃないけど笑
うーん
こういうときの、なんか決めちゃった時の女の人って強いね
一直線!周りが見えません!!みないな!!!


あ、恋愛要素あんまりない感想でしたね
だって…はずいから
読んでください


スポンサーサイト



← ひさしぶりに・・・ | Home | あと1日ちょっと →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。